代表プロフィール

濵脇文子(はまわき ふみこ)

 

長崎県 佐世保市出身

 

県立長崎シーボルト大学 人間健康科学研究科 修士課程 終了

国立保健医療科学院 専門課程II 地域保健福祉分野 終了

助産師(アドバンス)・保健師・看護師

受胎調節実地指導員

トリプルPプログラムファシリテーター

 (一社)産前産後ケア推進協会理事

母親の産む力 子どもの生まれるちから 命の温かさに感銘をうけ助産師となる。

総合病院・クリニック・助産院など様々な場所で勤務。助産師外来(妊婦健診)からお産、乳房外来まで幅広く従事し、数千人の母子と家族のケアを行う。

産前産後ケアセンターの立ち上げを経験し、設立支援等も行っている。

また、助産師学校や大学で専門職の育成にも関わる。

母子保健の研究活動では国内・海外でのフィールドワークや、自治体での講演、各種メディアへの執筆も行う。